2017年04月05日

冷凍で届く!!旬の手作り惣菜「わんまいる」の「健幸ディナー」はすぐに美味しく食べられる♪

わんまいる

今すぐ、わんまいるの手作り惣菜を注文したい方はこちらから↑↑↑

DSCN6728.JPG


本日のお届け物です。

忙しい方や単身赴任の方・ご年配の方・一人暮らしを始めたばかりの

子供への食事にぴったりの簡単・美味しい「わんまいる」の

旬の手作りおかずセット「健幸ディナー」が届きました!!

はじめての方は、五日分2,980円です。


旬の食材で栄養バランスを考えた手作りおかずセット「健幸ディナー」 !!

「健幸ディナーセット」は、1食平均400kcal以下、塩分3.5g以下で

血圧・血糖値・栄養バランスが気になる方にはぴったりのおかずセットなのです。

湯銭で温めたりするだけで、簡単に食べることができるので、

年配の方や単身赴任のお父さん・一人暮らしの子供たちには

とっても便利なディナーセットです。

また、作り立てを急速冷凍しているので、美味しくて大人気ーです



わんまいる「旬の手作りおかずセット健幸ディナー」の人気の理由は?

・主菜1品・副菜2品(汁物とごはんをセットしたものも有)を自宅玄関まで届けてくれるシステムだから!!

・一流の料理人と管理栄養士が作る旬の食材を使ったディナーだから!!

・1品1品個包装だから料理に適した温度で食べることが出来るから!!

・塩分、カロリーも抑えているのでダイエット食にもいいから!!

・出汁にこだわり、和食には和食の出汁、中華には中華の出汁、洋食には洋食の出汁を使い分けて美味しいから!!

・独自の冷凍技術でお料理の味と風味が落ちていないから!!


わんまいる「旬の手作りおかずセット健幸ディナー」は、こんな人におすすめです!!

・こだわりの材料で美味しく、簡単調理で食べたい人。

・買い物が面倒な人。

・コンビニの味では満足できない人。

・いつも冷蔵庫の中に材料を腐られている人。

・塩分やカロリーを気にしている人。

・バランスのとれた食事をしたい人。

・単身赴任のお父さん。

・一人暮らしの人。


わんまいる「旬の手作りおかずセット健幸ディナー」試してみました!!

ヤマト運輸さんのクール便で届きました。

DSCN6727.JPG


開けてみると・・・カチコチの冷凍です。

DSCN6728.JPG


一回分づつ、袋に入っています。

DSCN6729.JPG


その中も主菜1品・副菜2品が個包装されています。

それぞれに調理法(湯せん・流水・レンジ)が記載されています。

DSCN6737.JPG


今回のメニューは?

主菜@赤魚の煮つけ

副菜@大豆煮

副菜A卯の花


調理法通りに湯せんで五分すると・・・

DSCN6739.JPG

DSCN6740.JPG


あっという間に三品出来上がりました。

DSCN6742.JPG

白米とみそ汁は別で自分で作りました。

バランスのとれた豪華なディナーです。

五分で出来上がったものとは思えません


わんまいる「旬の手作りおかずセット健幸ディナー」食べてみました

赤魚の煮つけは骨も全て抜かれてあり、年配の方にも安心して

食べることが出来ると思いました。

大豆煮も卯の花もしっかりと味が染みていて、

ご飯がすすみました。

解凍した大豆も歯ごたえがあり、冷凍とは思えない美味しさでした。

合成着色料や保存料も使用せず、食材も国内産野菜が中心なので、

安心して食べられました。


日本は冷凍食品の技術が優れているとは言うものの

ここまで冷凍のお惣菜が進化しているのは、驚きです。

また、前日に麻婆豆腐メニューも頂いたのですが、

冷凍がご法度とされている水分の含んだ食品である豆腐なども

驚きの食感が再現されていました。

ちなみに麻婆豆腐をご飯に乗せて麻婆丼にしました。

DSCN6745.JPG


もちろん、塩分やカロリーが心配な方の為に、こんな計算表も送られてきます。

かなり見えにくいですが、一覧表になっています。

DSCN6730.JPG


部分的に拡大すると・・・

DSCN6732.JPG

DSCN6733.JPG

DSCN6734.JPG

調理方法やカロリー・原材料などが細かく記載されています。


手軽に夕食を摂りたい人にはオススメです。

一度試して味か口に合うかどうか?簡単・便利か?など、よくわかります。

気軽にトライアルで試してみるのがいいですよ。

わんまいる「旬の手作りおかずセット健幸ディナーお試しは、こちらから注文できます。 ↓↓↓




わんまいる
posted by うさぎ堂 at 14:53| Comment(0) | グルメ > 便利食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: